外国からやってきた厄介者

よく池や沼にいるのがザリガニなのです。

日本にもザリガニがいますがこれはほとんど見ないのです。
発見されたのが北海道に生息はされていますが、実はほとんどがアメリカから入輪なのです。

実は昭和2年に神奈川県鎌倉市にアメリカザリガニが初めて運ばれた日なのです。
当時は実験で利用してたかも知れないのです。

何のために利用したのか謎だと思います。

しかし、戦争が始まると研究が出来なくなりましてアメリカザリガニは放棄をしたのです。
その間ですが繁殖したのです。

これが今の日本各地の沼や池に多く繁殖したと思われています。
子供たちがよくザリガニを釣るようになったのもこの影響だと思っております。

ニッポンザリガニは日本全国にいたそうですがアメリカザリガニが繁殖してほとんどがいない状況になったのです。

最近は水族館でザリガニを見ないので物珍しいと思っています。

よく田舎ではザリガニを釣っていた子供もたいのです。

棒に紐でするめなどで釣るので結構面白ったのです。
簡単に釣れるので子供にも好評だったのです。

しかし、最近は沼も埋められてしまいましてあんまり釣る光景が見なくなりました。

田舎ならではの楽しみだったので自慢は出来たと思っています。

今では絶滅危惧指定なので喜ばしくないと思われています。