命の繋がるものとは

今日は世界献血デーなのです。

よく職場や学校に献血車が来ていましてしている人もいます。
これもボランティアの一部なのです。

これは取った血は病院に活かされるために置くそうです。
患者さんの治療に役だったもらうために行っています。

よく血液型がわからない人もいます。
幼稚園など入園する前に検査をする人もいるそうです。

ここでは血液型も調べられるので献血を受ける人には不安もなっている人もいます。
安心して受けて欲しいと思われています。

しかし、最近は若い人を中心に献血を受けない人が多くなっています。
サービスが充実がないと思われています。

献血した後のジュースが飲めるだけと思っています。

最近は献血ルームは良くなっているそうです。
献血しながらビデオもある所もあるのです。

また、献血した血がどうなっているのか理解がわからないと思われています。
病院で利用が知られてないと思われているのです。

看護学科に通っている人にはわかっているような気もします。

これから夏場にかけて血液が不足になる事も予想されています。
先日ですが東京では献血をしようとアーティストを招いてライブもしたそうです。

ちなみに全国でよく献血をしている県があるそうです。
それが熊本県なんだそうです。

何回もしている人が多いそうです。

これだけではまだ足らないそうです。
血液がまだ不足していまして隣の県までもないのです。

この様な事を血液が命を繋がっている事が知らないと思われています。
献血した事で素晴らしいと思ってほしいです。