本の片付け

漫画が大好きな我が家。

新刊が出てついつい買ってしまって、そのままたまっていく仕組みです(笑)

とはいえ、思ったより読み返す機会も少ないしそのまま本棚やボックスに眠っているままの本も多数ありました。

昨日はそのたまっている旦那さんの本を片付けに入りました!

それもなかなかの量になったので、そのままブックオフに売りにも行ってもらって、かなりのスペースが空いたのはラッキーでした(^O^)

いらないものを処分して、それがお金になって、部屋も片付くしで最高ですね◎

とはいえ大してお金になった訳ではないけれど(汗)

昔の本は状態がよくなかったり、それこそ古すぎてしまったりであまり金額にはならなかったのも多かったです。残念。

そういえばドラゴンボールが出てきたり、ワンピースが思ったより巻数がそろっていたりしたことには感動しました。今度改めて読もうと思います。いい暇つぶしです~◎

いっそ本棚ごとなくしてしまえば、家のスペース自体はすっきりするけれどそこまで断捨離力がないっていう(汗)

ミステリー

先日の漫画アプリの中に、金田一少年の事件簿がありました。

こちらも1つめのお話は読めたのですが、その後の掲載はだいぶ終わってしまっているのでちょっとストーリー自体は飛んでしまいました(>_<)

でも懐かしくてとても引き込まれましたよー!

小学生か中学生の時に、キンキキッズの堂本君でドラマ化して当時は漫画でも金田一やコナンがスタートしてすぐだったりでミステリー系がとても人気だったな~。

剛君のファンだったと、その後に引き継いだ松潤にも引かれてドラマも見たのが懐かしいです。

ただだいぶ大人っぽいというか、ホラーな絵や不気味だなと思わせるシーンも多いんですよね。

今でもトラウマなのは墓場島のお話です。

戦争を扱う感じだったので、亡霊だったかな?そういったオカルトも含んでいたのが怖かった。

コナンは犯人が黒い影で書かれるけれど、金田一は結構変装していたりしているシーンもあるので、兵士だったりマスクや鬼の仮面とか脳裏に残りやすかったりするし、その分怖さが増している気がします。