紅白歌合戦の司会

いまさらですが、明けましておめでとうございます・・・!

年末年始は例年通りの過ごし方で、なかなかのチャンネルの変えっぷりを発揮致しました(笑)

メインで見ていたのは紅白歌合戦でした。

バンプオブチキンが見られるというのが一番大きかったけれど、なんとなく紅白を見ながら年末を過ごすのが実家でもそうだったので、結婚してからはすっかりその流れが戻ってきました。

1人暮らしの時は赤か白がどっちが勝ったのかも知らないで過ごしてたくらいだったのにね。

今年は2年ぶり?綾瀬はるかちゃんの司会で楽しみでもあり不安でもあったけれど、ギリギリ一生懸命進行している感じで、前に比べたら安心感がありましたね。

それにしてもイノッちの初司会と思えない落ち着きっぷりというか、余裕のある感じはさすがをいえるのかなって。

アサイチは見ていないのでわからないけれど、人柄の良さもにじみ出ていてさりげなくフォローに入る感じも素敵でした。

数年、嵐の司会が続いたので色々な司会の方が見てみたいな~と個人的に思います。

みんなで歌おう

年末はすっかり音楽番組を垂れ流しだったので、もう色々聞き飽きた感が(笑)

でもついついみちゃうんですよね、バラエティをグダグダみるのとはまた違った楽しみが。

紅白は今回もまたもや司会に危なっかしいところがありましたが、吉高さんの持ち前のキャラが出ていたのかなって感じですかね。

朝ドラはみていないので、あまちゃんの時もそうでしたが紅白での劇はもうちんぷんかんぷん。

妖怪ウォッチもわからないけれど、それぞれのファン層には良い演出だったのでしょうか?

なんか副音声に盛り上がりをみせていたそうで、私もそっちで聞けばよかったなぁ。

後日談で、ネットで情報が出回っているのをみたらそっちも楽しそうで(笑)

紅白のテーマが歌おう?でしたっけ?大晦日は全員一緒で、的な。(曖昧・・・)

だったのもあってか、本当にいたるところに出演者がちりばめられていて、豪華だったというかゴチャゴチャしてたというか、華があったというか、見づらさがあったというか・・・。

全部本音の感想です。

でも幼少期にみていた紅白はもっと厳かで、紅白って特別で、出演者の人も特別感を大事にして出演されていた印象があります。

いまの出演者の方への批判じゃないですよ?女々しくてとかしっかり楽しませてもらったし。

でもだいぶお笑い感が強くなりましたね。ゆるい番組になったというか。